ココロモノガタリ

切ない恋模様を描いていきます。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ココロモノガタリ 四十五章 

。о〇*〇о。о〇*〇о。о〇*〇о。о〇*〇о。

校庭ではたくさんの部活が活動をしていた

みんなきらきらに見えた

3年はもうすぐ引退になってしまう。

だから、みんな一生懸命


「こころじゃーんっ」

この軽い声!

「真樹っ」

私はなんだかわくわくした気持ちになった

真樹 「なに?どうしたの?ってヵどーしてここに?」

心 「んーっ?暇なだけだよ。真樹って何部なの?」

真樹 「俺はね、もちろんサッカーだょー」

心 「そーだったんだぁ。朝練頑張って」

私はそういえるとその場を去った。

真樹がにこやかな笑顔と投げキッスをお土産としてくれた。



私は結局なんのために校庭に出たんだろうか

意味もわからない

そして

真樹としゃべっているときあんなに楽しかったのに

あの時間がほんの一瞬にかんじられた

なんだかもどかしい

今はまた真樹が話しかけてこないか

まっている




え?私どうしちゃったの?

。о〇*〇о。о〇*〇о。о〇*〇о。о〇*〇о。
スポンサーサイト

ココロモノガタリ 第四十四章 

。о〇*〇о。о〇*〇о。о〇*〇о。о〇*〇о。

太陽の光が私を照らす頃

いつも通り母が私を起こしにきた

いつも通り準備して

私は祐司との約束場所へ向かった

真樹、今日学校来るかな?

真樹にとって私が頼れる存在なんかになれるといいな。



こうしてたどり着いた約束場所にいたのは

制服を着ていない祐司だった

心 「どうしたの?」

祐司 「実は・・・風邪ひいちゃって」

心 「わざわざでてこなくてよかったのに」

祐司 「心に会いたかったから!じゃぁ気をつけていってこいよ」

祐司はそういうと 私が大好きなヒマワリみたいな笑顔でこっちをみた

祐司の顔はどことなく赤っぽかった

私は久しぶりに学校へ一人で向かった


まだ始業ベルが鳴るにはしばらくあったので

どこかの朝練でもみていようか と思い

私は校庭の方へはしっていった・・・・

。о〇*〇о。о〇*〇о。о〇*〇о。о〇*〇о。

ココロモノガタリ 第四十三章 

。о〇*〇о。о〇*〇о。о〇*〇о。о〇*〇о。

「真樹・・・どーしたの?」

私は強い口調で真樹を問いただした

どうやら真樹は私の事を夕希と勘違いしていたようだ


真樹 「なーんでもなぃっって!」

心 「うっそ!私にはお見通しだょ~(笑)」

真樹 「うげっ(笑)みのがしてください~お代官様っ あ~れ~★」

心 「それほど元気なら心配いらないね」

真樹 「・・・・・・」

心 「また電話するからっ じゃぁ・・・・」

私はこうして電話を切った

なにか心の中に新しいものが生まれた感じの

不思議な感覚におちいった



こうして私は眠りについてしまった

真樹の事が心配で

うまく言えないこの想いが

少しづつ大きくなっていった

。о〇*〇о。о〇*〇о。о〇*〇о。о〇*〇о。

ココロモノガタリ 第四十二章 

。о〇*〇о。о〇*〇о。о〇*〇о。о〇*〇о。

プルルルル・・・・・

ドキン ドキン 。。。。。

私は顔が赤くなっているのを感じていた

何を言おうと思って電話したのかも、分からなくなっていた

心 「もしもしっ」

真樹 「・・・・だれ?」

心 「だーれだ☆」

真樹 「夕希・・・いい加減にしろ!もう電話するんじゃねーよ!」

心 「えっ・・・・・」

意味が分からなくて呆然とした

真樹 「俺らはもう他人なんだ。今日別れただろう!!」

うそ・・・・今日あんなに幸せそうな顔をして夕希は教室に戻ってきたのに。

心 「真樹と夕希、上手くいってなかったんだね。」

真樹 「えっ・・・??誰だっ!?」

心 「私・・・こころだよ」

真樹 「っあ~こころヵょ☆どーしたのっ???なに?俺に惚れたのヵょぉ♪」

真樹は急に言葉づかいをかえてきたのである


真樹・・・・どうしたの?

。о〇*〇о。о〇*〇о。о〇*〇о。о〇*〇о。

ウルトラマンOR王子!? 

おひさしぶりでつ ぁゅみ♪ です

にぃー。。。。。


眠たいです。。。。。。




ところでみなさn 恋愛していますヵ?

バカザルの話で盛り上がっていましたが・・・・・

にぃー。。。。。

ごめんなさぃ(笑)



他の人に恋をしましたっ




最近彼氏と別れましたが

ずっとおもっていましたーーーーー・・・・・


好きです!!!




っと、ここで問題発生

私はどちらが好きなのかわからなぃnですっ

ウルトラマン先輩
王子先輩
(もちろんあだ名ですょ)

んーーーーー困りましたっ↓↓
プロフィール

ぁゅみ♪

Author:ぁゅみ♪
【ココロモノガタリ】へようこそ☆

ぁゅみ♪とぃぃます
?学?年生 ぉー型です 
?さぃです

登場人物については、いったんまとめ章をご覧ください!

ホーム&BBSをつくりました。 
ホーム&BBSです章をご覧下さい

new!! ココロモノガタリ 第四十章

ココロモノガタリを
    宜しくお願いします♪

最近のトラックバック
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。